これから株を始めようと思って今のとこ

これから株を始めようと思って今のところはバーチャルの取引で挑戦しています。

今は調子が良くて、かなり大きく勝ち越しているものの、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかないように思います。
それでも、この株のバーチャルで得た感覚を忘れずに、本年中には、株取引をやってみようと思っています。

FXについては徐々に理解を深めていれば大きな損をしてしまうこともないですし、ほんの少しずつでもプラスにしていくことができるはずです。

FXは運だと考えている人は決して勉強しようとはしないので、儲けを出すよりも損失のほうが多くなってしまいがちです。

FXで稼ぎを出している方は、運が味方になる努力をしてきた方々なのです。

FX業者によっても取引システムには差異があり、自分にとって使いやすい業者と利用しづらいところがあります。それを判別するためにも、模擬取引は有効です。また、FX業者の中には、賞品がもらえるところもあります。

上位に入賞できれば外車などがもらえる模擬取引もあり、緊張感を持って楽しむことができるでしょう。
FXには、様々な専門の用語があります。指値または逆指値といった言葉は、FXだけじゃなく、株でも使用します。

指値注文というのは成行注文と比べてみて、計画的に取引が行えるという便利さがある反面、売り買いの取引が成立しにくいという弱点があります。

逆指値注文でしたら上手に使うと、いち早く損切りが可能です。

株の初心者から上級の人まで絶対確認するべき数値が日経平均なのです。日経平均というのはトヨタ、ソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本を代表する全部で225社の株価を平均した数値です。
始めて間もない人でも毎日継続して日経平均をチェックすれば、株価の大きなトレンドがつかめるようになってきます。

FXでは取引を開始する以前に業者に保証金を預けますが、レバレッジを使用するとこの預け入れた保証金に対し、数倍〜数十倍の金額まで取引を行っていけます。

レバレッジを利用していくことでリターンを大きくしていくことができますが、同様にリスクもその分だけ高くなる恐れがあるのです。

FXを本業にする場合、本業における収入と同じだけの利益がFXで得られるかが問題です。

本業がちゃんとあって、副業としてFXで稼いでいる場合は、気持ち的に余裕もあって、もしかしたら本業よりも儲かっていたかもしれません。しかし、FXを本業にするとなると、それだけのプレッシャーがあります。
FX業者は、デモトレードが用意されていることが多いです。本口座を開設する前にバーチャルマネーで実際の取引の環境を確認することが可能なのです。

デモなため失敗しても損失がありませんし、リアルマネーの投入をする際には怖くてできそうもないような大胆なトレードをすることもできるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ