さまざまな投資がありますが、そのひ

さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。

たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、前もって定められた水準を超えた場合、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。その強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので追加でFX口座に証拠金を入金することで強制的な決済を回避することも可能です。そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者ごとに違うので留意してください。

株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、ただそれでも為替相場が活発に動く時間も存在します。それはニューヨークとロンドンという二大市場が開いている時間で、これらの市場は世界で取引の中心ですから、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに相場が動き取引が活況となりやすいです。それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場が大きな動きを見せることがありますので、相当の注意を払っておくべきです。

ですから経済指標の発表がされるのはいつなのか知っておくべきでしょう。

FX取引をする際、業者が用意したツールを使えば移動平均線が絶対といえるほど見れるようになっています。一番シンプルでトレンドの把握には、重大なテクニカルツールです。
慣れると、一目均衡表などを利用したりしますが、基本的には、移動平均線が誰もが見ている大事な

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ